MENU

 お小遣いが少ないと言うのは、何かと不便を感じてしまうものがあります。
仲の良い人たちとのお付き合いができない、これはとても寂しいものですね。
友達に誘われても、それを断らなければいけない状態だったのです。
さすがに貧困女子というわけではないのですが、それでも自分で使えるお小遣いが1万円程度と、大変少ない状態が続いてしまっていたのです。
景気が悪いこともあるので、お互いに節約をしっかりしようっと夫と約束してしまったのでした。
夫のお小遣いも少ないから私もそういうことで、今では1万円程度が何とか使える状態といったところです。
だから友達と遊びに出かけるなんて、とてもできるような状況ではありませんでした。
少しでも景気がよければまた変わってくるのでしょうけど、それも期待できませんから、暫くこの状況を続けなければいけないのかと思うと憂鬱になってしまいます。
こんな状況の私に声をかけてくれたのが、ご近所の主婦友達だったのです。
「たまには外でランチとか楽しもうよ」
とても嬉しい誘いだし、一緒に行きたいのは当然なのですが、しかしお小遣いのことを考えると断るしかなかったのです。
金欠の話をしてみたら「そんなの気にしないで、私が全部支払ってあげるから」と笑顔で言ってきました。
かなり誘われてしまいましたから、お言葉に甘えてお付き合いしていく事にしました。
彼女も専業主婦で、生活が大変だって言っていた人だったのです。
だから悪いなって気持ちがとても強くなっちゃってたんだけど、「気にしないで一番高いの頼んでもいいんだよ」なんて言うです。
いったいどうしちゃったの?と思って聞いてみたところ、愛人契約をしたって言い出しました。

お金持ちの人とエッチをして?と思ったのですが、彼女の口から出たのはセックスなしという言葉でした。